使うことでメリットも多いピーリングですが、その一方で副作用も多いと言われています。ただし、ピーリングで起きる副作用の原因や症状を知ることで予防も可能です。ピーリングは正しく使えばさまざまな美肌効果が得られます。副作用についての知識を深め、正しく活用できることを目指しましょう。

ピーリングには副作用があるの?現れる症状と対処法

ピーリングは古くなった角質を落とすケアのことです。正しく行えば肌の状態を整えてくれますが、強い薬剤を使うため肌への負担が大きく、副作用が出やすい方法でもあります。誤った使い方や体調・肌質によっては、新たな肌荒れの原因にもなりかねません。ピーリングで起きやすい副作用の症状や、その対処法についてご紹介します。

ピーリングってどういうもの?

そもそもピーリングって何?

ピーリングは英語で「剥ぎとる」という意味のPeelから来た言葉で、古い角質を剥ぎとるケアのことを言います。ピーリングを行うことで、肌にさまざまなメリットがあります。

ピーリングをするメリットとは

シミ・ニキビ跡の予防改善

シミやニキビ跡は、メラニン色素の排出がうまくいかず残ってしまうことが原因です。ピーリングを行うことで、古い角質とともにメラニン色素の排出も促され、予防と改善につながります。

 

保湿効果アップ

ピーリングで古い角質を取り除くと、化粧水の浸透率がよくなって保湿効果が高まります。さらにターンオーバーが正常化することでくすみが消え、ハリやうるおいがアップします。

 

シワやたるみの予防

肌にうるおいが戻ると、乾燥が原因でできるシワやたるみの予防が可能です。

 

毛穴の開き・黒ずみの改善

毛穴の開きは、乾燥や古い角質が毛穴に詰まることで起きます。毛穴に詰まった角栓が酸化したものが黒ずみです。ピーリングで古い角質を取り除くことで角栓や黒ずみを取り除くだけでなく、肌の水分量が正常に保たれることで毛穴の開きにも効果を発揮します。

 

ニキビ予防

ピーリングによって毛穴に詰まった皮脂や汚れを除去することで、毛穴詰まりが改善されニキビ予防につながります。また、ピーリングは肌のターンオーバーを活性化してくれるため、過剰な皮脂分泌も抑えられます。

ピーリングの種類

ピーリングには、美容皮膚科やエステサロンで行うものと、自宅で行うセルフケアの2種類があります。

クリニックでのピーリング

病院やサロンで行う場合は、強い薬剤を使うため即効性があり高い効果が得られるものの、保険が適用されないため費用は高くなります。酸で角質を溶かすケミカルピーリングが代表的なもので、ほかにもクリスタルピーリングやレーザーピーリングといった方法があります。月に2回の来院×3ヶ月程度が一般的で、料金は1回5,000円〜10,000円ほどです。

自宅でのピーリング

自宅でピーリング行う場合は、ドラッグストアなどで手に入るピーリング専用のスキンケア用品を使います。洗顔石けんタイプや塗ってから洗い流すタイプ、塗ったまま美容液のように使うタイプなど種類はさまざま。病院へ行く手間もなく、1,000円〜2,000円程度で手に入るのがメリットです。

 

病院やサロンで使われるのはBHAと呼ばれる強い薬剤ですが、市販品ではAHA配合のものが多く使われます。AHAはりんご酸、クエン酸など天然成分でできており、低刺激な分効果も弱めです。

なぜ起きる?副作用の原因

ピーリングは正しく行えば危険なものではありません。しかし、副作用が起きやすい方法として認知されているのも事実です。いったいなぜなのか、副作用の原因となるものを見ていきましょう。

敏感肌・乾燥肌

もともと敏感肌や乾燥肌の人の場合、肌のバリア機能が低下している状態です。そこにピーリングの酸の強い刺激を与えることで、副作用が起きる可能性が高まります。

肌質に合っていない

酸の種類によっては、自分の肌質と合わないことがあります。また、酸が強い・濃度が高いものをいきなり使うと副作用が出る原因になります。

使いすぎ

ピーリングを行う目安は、だいたい2週間1度程度。多くても1週間に1度が限度です。角質を無理やり剥がしていることになるため、肌への負担が大きく使いすぎは厳禁。頻度が多いと角質の量が減って肌が薄くなり、外部からの刺激に弱い状態になって副作用が出やすくなります。

スキンケア不足

ピーリングを行ったあとの肌は、非常に敏感な状態です。保湿ケアを怠ると外部からの刺激を受けやすくなり、ちょっとした刺激で炎症や赤みを引き起こすことがあります。

過剰なスキンケア

スキンケア不足も問題ですが、過剰に行うのもよくありません。朝も夜も洗顔を行う、パックをするなどスキンケアのしすぎはかえってターンオーバーを早めてしまうことがあります。ケアのしすぎは肌が本来持っている力を奪い、刺激を受けやすい状態を作り出します。

ピーリングの副作用ってどんな症状?

肌の乾燥・肌荒れ

ピーリングの副作用としてもっとも多いのが、乾燥や肌荒れです。無理やり角質を剥がすことで一時的にバリア機能が奪われ、皮膚が薄い状態になります。すると長くて数日間は肌が荒れ、乾燥が続くことがあります。

赤み・かゆみ

ピーリング剤の酸に反応し、赤みやかゆみが出ることがあります。新しい細胞が作られるまでの数日間は特に出やすい状態です。

ヒリヒリする

ピーリング後の薄くなった皮膚は刺激に弱いため、黙っていてもヒリヒリと痛みを感じることがあります。

ニキビの悪化

ピーリングを行うと、毛穴につまっていた角栓が押し出され、ニキビが悪化することがあります。しかしこれも一時的なもので、症状は数日で収まることが多いでしょう。

副作用が起きた時の対処法

では、ピーリングで副作用の症状が出た場合はどんな対処を取ればいいのでしょうか?

ピーリングを中止する

ホームケアで副作用の症状が出た場合、まずは使用を中止して様子を見てください。保湿ケアを十分に行い、症状が長く続くようなら皮膚科で相談してみましょう。

肌にやさしいタイプを選ぶ

市販のピーリング剤でも種類はさまざまです。酸の濃度が低いもの、刺激成分が無添加のもの、塗ったら洗い流すものなど、なるべく肌にやさしいタイプを選んでみましょう。

肌をしっかりと保湿する

ピーリング後の肌はまだ未熟な細胞の集まりで、皮膚が薄い状態です。浸透力が高まっている状態でもあるため、しっかりと保湿ケアを行いましょう。紫外線も刺激になるため、紫外線ケアも忘れずに行うようにしてくださいね。

皮膚科などの専門機関を受診する

赤みやかゆみがひかない、肌荒れやニキビがひどくなったという場合は、皮膚科で相談するのが確実です。ホームケアではピーリング剤の合う合わないの判断が難しいため、無理に使い続けないようにしましょう。

副作用も理解した上でピーリングに挑戦しよう

ピーリングは肌への刺激が強いため副作用が心配されがちですが、正しく使うことでさまざまな効果が得られます。ピーリングの副作用は肌質や体調、ピーリング剤の相性などさまざまな原因によって起きるもの。ピーリングの効果を適切に得られるよう、正しい知識を持って使うことが大切です。